旦那の私服

旦那や彼氏の服装を変えたい!!一瞬で解決する方法を伝授

MENU

旦那の私服をカッコよくする為にやる事はたったコレだけだった!?

旦那の私服をかっこよくする為のコーディネートをみてみる

 

 

私の旦那はファッションに全くといっていいほど興味がありません。若いころはそれなりに格好をつけていましたが、歳を重ねるごとにファッションについての新しい知識を学ぼうとしなくなりました。なので、旦那の私服レベルと知識は30代のまま止まっています。今はもう60歳だと言うのに30歳の時に来ていたような服装をします。また昔の洋服を取り出して着ることもしばしばあります。例えば、ピンクのポロシャツに短パン。まるでサーフ系のファッションをしています。これでまだ海の男ならカッコいいのかも知れませんが、色白で筋肉もない体には全く似合っていないのです。私は年齢に合わせて着ていく服装も変えなくてはいけないと思います。本人はおそらく若作りのつもりで着ているのだと思いますが、旦那の私服は体型にも年齢にも残念ながら似合ってないのです。せっかく身長もありスラっとしているのだから、ダンディーでかっこいい服装をしてくれればいいのに、動きやすいのが一番といって、たまにジャージでブラブラと街を繰り出す日もあります。旦那の私服姿…隣で歩く私は周りの目線が気になるばかりです。

 

そこで私が実践したのは、かっこいい年相応の格好をしている芸能人などを例にあげて服のセンスを褒めてみたり、一緒に洋服を買いに行くことにしました。そして褒めながら年相応のセンスのいい服をコーディネートしてあげて褒める。褒める。褒める。やはり60代でかっこいいと思う服装はカジュアルなスーツ風なファッションだと思います。グレーや茶色などの服装だと余計に歳をとって見えてしまうので、ブルーや黄色など色味があり爽やかな色を取り入れていくべきだと思います。歳のせいで自然になくなっていくフレッシュ感をだすには、色が勝負になってくるような気がします。白シャツも着かた次第でかなりかっこよくなるように感じます。とにかくダンディーファッションの雑誌などを自然に家の中において、ファッションに興味を持ってもらえる様にしてみたら、自ら雑誌を手に取るようになりました。興味を持ち始めたらこっちのものですからね!

 

 

ダサい私服を卒業した人が迷わず買った全身コーデをみてみる